トピックス

「化学コミュニケーション賞2017」受賞者が決定いたしました。表彰式は2018年3月7日(水)開催の第11回日本化学連合シンポジウム「生体のように働き・自己修復する材料の設計と実用化」(化学会館7Fホール、14:00~17:45)に先だって行われます。

第11回日本化学連合シンポジウム「生体のように働き・自己修復する材料の設計と実用化」2018年3月7日(水)開催

生体のように、しなやかに動くことができ、また傷んでも自己修復できる材料は、非常に魅力的であり、近年、きわめて精力的に研究が行われている分野です。さらにこのような研究は、損傷や変形を受けた部分を治癒させる方法論の確立や、機能性フィルム・コーティング、機能性セラミックス、機能性触媒、さらにアクチュエータなどへの幅広い応用にも繋がることが期待されています。
本シンポジウムでは、「生体のように動き・自己修復する材料」の設計と実用化に関して、高分子、セラミックス、金属などの幅広い材料系についての最先端研究の一端をご紹介いただき、議論を深めることを目的とします。なお、18:00~19:30に別会場で交流会が開催されます。

  • 「動的共有結合化学に基づく自己修復性高分子およびメカノクロミック高分子の設計」大塚 英幸(東工大物質理工)
  • 「超分子ネットワークによる高分子の改質と実用化」野田 結実樹(アドバンスト・ソフトマテリアル)
  • 「自己治癒性を有するセラミック材料とその可能性」中尾 航(横浜国大院工)
  • 「自己修復する自動車排ガス触媒の実用化と新たな展開」田中 裕久(関西学院大理工)
  • 「形状記憶合金を使った人工筋肉の開発」本間 大(トキ・コーポレーション)
プログラム詳細はこちら。また参加申し込みフォームから申し込みできます。

日本化学連合イベント情報

これから開催されるイベント一覧 : 5 ページ目

JPI Petroleum Refining Conference
  • 2018/10/4 2018/10/5

  • 会場:東京/渋谷区

  • 主催:石油学会

次世代イノベーター育成講座 第六回
創立60周年記念東京大会 記念式典,第48回石油・石油化学討論会,記念祝賀懇親会
  • 2018/10/17 2018/10/18

  • 会場:東京/江戸川区

  • 主催:石油学会

第8回CSJ化学フェスタ2018
平成30年度 繊維学会秋季研究発表会
第102回 新電池構想部会
第29回クロマトグラフィー科学会議
第27回ポリマー材料フォーラム
  • 2018/11/21 2018/11/22

  • 会場:タワーホール船堀(東京)

  • 主催:高分子学会

  • URL:2018年 4月詳細公開

第34回ゼオライト研究発表会
  • 2018/11/29 2018/11/30

  • 会場:函館アリーナ(函館市)

  • 主催:日本ゼオライト学会

The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018)
日本化学会第99春季年会(2019)
日本薬学会第139年会
APCChE 2019
  • 2019/9/23 2019/9/27

  • 会場:札幌

  • 主催:化学工学会

PACRIM13(併催:第32回秋季シンポジウム)
環太平洋国際化学会議2020
  • 2020/5/15 2020/5/20

  • 会場:(ハワイ/ホノルル)

  • 主催:日本化学会

  • URL:http://pacifichem.org/

主催団体の絞り込み